国内旅行実務 JR運送約款「運賃」

運賃とは・・・
出発地から目的地までの支払う対価で、その区間の距離を基準に設定されている。

それでは、運賃の計算方法についてみていきましょう。前項「総則」の基本用語と照らし合わせながらみていきましょう。

運賃の計算方法
・合計距離の端数は切り上げる(200.7キロ⇒201キロ)

1.幹線のみの乗車
営業キロで計算する
2.地方交通線のみの乗車
営業キロで計算する
※JR四国とJR九州は、擬制キロの計算になる
3.幹線と地方交通線を連続乗車する場合
営業キロ+換算キロ(擬制キロ)で計算する
※本州3社とJR北海道は「幹線用運賃表」を使用する
※JR四国とJR九州は「運賃表」を使用する
4.JR鉄道区間の中間に私鉄などの連絡運輸扱いの会社が入る場合
JR運賃+他の交通機関の運賃で計算する
5.乗車区間が途中で一周する場合
①-⑤と⑥の2区間の合計で計算する ※連続乗車券を発行する

6.乗車区間の途中で往復する場合
①②と③④の2区間の合計で計算する ※連続乗車券を発行する

 7.本州3社とJR3島を連続乗車する場合(JR西日本とJR四国)
基準額(通しの幹線金額)+JR3島内の加算額で計算する

本州3社の幹線普通運賃表
営業キロ(運賃計算キロ) 片道運賃
221~240 4.000円
241~260 4.430円
JR四国の加算額表
営業キロ(運賃計算キロ) 加算額
41~45 190円
46~50 210円
8.本州3社とJR3島を連続乗車する場合(JR西日本とJR九州)

本州3社の幹線普通運賃表
営業キロ(運賃計算キロ) 片道運賃
401~420 6.800円
421~440 7.020円
JR九州の加算額表
営業キロ(運賃計算キロ) 加算額
101~120 190円
181~260 320円

特例
1.特定都区市内にある駅と、その中心駅から営業キロが200kmを超える駅との運賃は、中心駅を起点(終点)として運賃を計算する。

※200㎞を超えるとは、200.1㎞ということになり、200.1㎞は端数を切り上げるため、結果的に201㎞以上という意味になる。200.0kmは適用されないことに注意。

336km+5.7km=341.7km⇒342km(5.940円)となるはずであるが、
東京駅‐名古屋駅間の営業キロが200㎞を超えているため、東京駅-日暮里駅間の営業キロは加算されない。336㎞(5.620円)が運賃となる。「東京都区内-名古屋」と表記される。

※特定都区市内にある駅での途中下車はできない

特例都区市内
東京都区内、札幌市内(札幌駅)、仙台市内(仙台駅)、横浜市内(横浜駅)、名古屋市内(名古屋駅)、京都市内(京都駅)、大阪市内(大阪駅)、神戸市内(神戸駅)、広島市(広島駅)、北九州市内(小倉駅)、福岡市内(博多駅)

2.東京山手線内に属する駅から発着する場合で、100kmを超え200kmまでの駅の運賃は、中心駅を起点(終点)として運賃を計算する。

※100㎞を超えるとは、100.1㎞ということになり、100.1㎞は端数を切り上げるため、結果的に101㎞以上という意味になる。101㎞から200.0kmまでが適用範囲である。

157.8km+6.8km=164.6km⇒165km(3.020円)となるはずであるが、東京駅‐那須塩原駅間の営業キロが100㎞を超え200kmまでの間であるため、東京駅-品川駅間の営業キロは加算されない。158㎞(2.590円)が運賃となる。「東京山手線内-那須塩原」と表記される。

※山手線内にある駅での途中下車はできない
※中央線「御茶ノ水~千駄ヶ谷」も山手線内に含まれる。

途中下車できない場合
途中下車とは、出発駅から目的地の駅までの区間内で、一時的に改札口を出て、再度乗車することを言いう。同一方向であれば回数に制限なく途中下車することができるが、以下の場合、途中下車することができない。

1.片道の営業キロが100kmまでの乗車券
2.東京山手線内特定都区市内の駅を発着する乗車券で、その山手線内や特定都区市内の駅
3.大都市近郊区間内相互発着の乗車券
4.回数券
5.グリーン券、特急券、指定席券など

境界駅
JR東日本とJR北海道 新青森
JR西日本とJR四国 児島(こじま)
JR西日本(在来線)とJR九州(在来線) 下関
JR西日本(新幹線)とJR九州(新幹線or在来線) 博多
JR西日本(新幹線)とJR九州(新幹線or在来線) 小倉
※山陽新幹線がJR九州小倉駅と博多駅まで乗り入れているため、新幹線の境界駅は3つ存在する。


確認テスト 目次

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大