確認テスト 国内旅行実務「JR運賃・料金」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

営業キロが片道(  )㎞を超えるJR区間を有効期間内に往復する場合、往復割引が適用される。
未使用区間が100㎞を超えていて有効期間内であれば、使用開始後の乗車券も払戻しができる。
東京山手線内に属する駅から発着する場合で、100kmを超え200kmまでの駅の運賃は、中心駅を起点(終点)として運賃を計算する。
小口団体の予約は、出発日の(  )前から(  )前までに行う。
乗車中に有効期間を経過した場合は、途中下車をしない限り券面に表示された最終駅まで使用できる。
大口団体の予約は、出発日の(  )前から(  )前までに行う。
営業キロとはJR各駅間の運賃計算に使用しているほぼ実際の距離であり、幹線のみの普通運賃計算に使用される。
北陸新幹線のJR東日本と西日本の境界駅は、長野駅である。
JR東日本とJR北海道の境界駅は新函館北斗駅である。
大口団体とは、お座敷列車など、臨時列車などをチャーターする必要がある団体をいう。
error:
タイトルとURLをコピーしました