旅行業約款 手配旅行契約「団体・グループ手配」

募集型・受注型企画旅行契約と同様に、契約責任者がその団体・グループを構成者の代理権を有しています。募集型・受注型企画旅行契約と手配契約の違いは以下の通りです。

団体・グループ手配(企画旅行契約との違い)
募集型 受注型 手配旅行
旅行業者が定める日までに、構成者の名簿を旅行業者に提出する。 旅行業者が定める日までに、構成者の名簿の提出、または人数を旅行業者に通知する。
申込時に申込金を支払う。 申込金の支払いなく旅行契約を承諾できる。
・旅行業者がその旨を記載した書面を交付したときに契約が成立
※団体・グループ契約以外は、募集型と同様に申込金の支払いが必要
申込金の支払いなく旅行契約を承諾できる。
・旅行業者がその旨を記載した書面を交付したときに契約が成立

添乗サービス
(募集型・受注型)企画旅行契約 旅行業者が必要と認める場合、添乗員を同行させ業務の旅程管理の全部または一部を行わせることができる。
手配旅行契約 契約責任者からの求めにより、添乗員を同行させ添乗サービスを提供する。
・契約責任者は、旅行業者に所定の添乗サービス料を支払う。
※手配旅行契約には旅程管理義務がないため、このようなオプションになっている。

「申込金の有無」、「構成者の名簿・人数」、「添乗サービス」、この3点の違いを覚えましょう。

確認テスト 目次



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする