運送約款 貸切バス約款「特殊な取扱い」

違約料
1.契約責任者(団体)からの契約解除
配車日の14日前から8日前まで 運賃及び料金の20%に相当する額
配車日の7日前から配車日時の24時間前まで 運賃及び料金の30%に相当する額 
24時間前から配車時日時(時刻)まで 運賃及び料金の50%に相当する額 
2.契約責任者からの契約解除(解除またはバス台数変更)
契約責任者(団体)が自己都合によりバスの台数を変更した場合、変更がバス台数の20%以上の減少を伴う場合、上の表の割合で違約料が発生する。

例)1台10万円で10台を予約、10日前に3台キャンセルで合計7台に変更
・3/10台で30%の台数が減少したことになり、20%以上の減少を伴うため、違約金が発生する
・10日前なので20%の違約金が発生 10万円×20%×3台=6万円
6万円を違約金として支払わなければならない

3.バス会社の都合による解除・変更の場合は、契約責任者からの解除と同様の規定が適用される。
※天災地変などのやむを得ない場合を除く

配車日時に旅客が乗車しない場合
乗車券の券面に記載した配車日時に所定の配車をした場合において、出発時刻から30分を経過しても旅客が乗車についての意思表示をしないときには、当該車両について当該運送契約に係る運送の全部が終了したものとみなす(運賃及び料金の払戻はない)※天災地変その他やむを得ない事由による場合は、適用されない

運賃及び料金の精算
1.運行行程の変更その他の事由により当該運送に係る運賃及び料金に変更を生じたときは、速やかに精算し、その結果に基づいて、運賃及び料金の追徴又は払戻しをおこなう
2.自動車の故障その他当社の責に帰すべき事由により、当社の自動車の運行を中止したときは、以下の区分による運賃及び料金の払戻しをします。
目的地の一部にも到達しなかった場合⇒収受した運賃及び料金の全額
②途中で運行を中止した場合⇒中止した区間に係る運賃及び料金の額※②の場合、バス会社の負担で運送の継続又はこれに代わる相当の手段を提供した場合で、旅客がこれを利用したときには、前項の規定は適用しない。(中止した区間の費用を払い戻す必要がない)

確認テスト 目次

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大