確認テスト 運送約款「貸切バス約款」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

バス会社は、バス会社の運行上の過失によって旅客の生命または身体を害したときは、その損害が車内または旅客の乗降中に生じた場合に限り、損害を賠償する。
バス会社は、契約責任者に対し、運送申込書を提出するときに所定の運賃及び料金の20%以上を、配車の日の前日までに所定の運賃及び料金の残額をそれぞれ支払うよう求める。
バス会社は、旅行業者から旅客の運送の申込みがあった場合には、当該旅行業者と旅客又は契約責任者の関係を、企画旅行、手配旅行の区分により明確にするように求める。
運送契約は、バス会社が乗車券を契約責任者に交付したときに成立する。
運送契約は、バス会社が契約の締結を承諾し、申込金を受理したときに成立する。
バス会社は、契約責任者若しくは旅客が乗車券を紛失した場合、契約責任者の請求により、配車の日の前日において乗車券の再発行に応じる。
バス会社は、乗車券の券面に記載した配車日時に所定の配車をした場合において、配車時刻から30分を経過しても旅客が乗車についての意思表示をしないときには、当該車両について当該運送契約に係る運送の全部が終了したものとみなす。ただし、天災その他やむを得ない事由による場合には、適用しない。
バス会社は、自動車の故障その他バス会社の責に帰すべき事由により、運行を中止したときであっ て、バス会社の負担において前途の運送の継続又はこれに代わる相当の手段を提供した場合、旅客がこれを利用したときには、運賃及び料金の払戻しをしない。
企画旅行のためにバス会社に運送を申し込む場合、バス会社は、当該旅行会社を契約責任者として運送契約を結ぶ。
バス会社に旅客の運送を申込む者は、運送申込書とともに、その添附書類として旅客の名簿を提出しなければならない。
error:
タイトルとURLをコピーしました