旅行業約款 受注型企画旅行契約「総則」

これまで「募集型企画旅行契約」を解説してきましたが、次に「受注型企画旅行契約」について解説していきます。本試験で出題されるのは、「募集型企画旅行契約」と「受注型企画旅行契約」の違う部分ですので、この2つの企画旅行契約の違いを対比しながら効率よく覚えていきましょう。

募集型企画旅行とは・・・ パッケージツアー
旅行業者が旅行者の募集のために、あらかじめ目的地・日程・運送宿泊サービス・対価(旅行代金)などの旅行に関する計画を作成し実施する旅行のこと。

受注型企画旅行とは・・・社員旅行、修学旅行
旅行者からの依頼により目的地・日程・運送宿泊サービス・対価(旅行代金)などの旅行計画を作成し実施する旅行のこと。

契約から旅行開始までの流れ
「募集型企画旅行契約」と「受注型企画旅行契約」の大きな違いは、募集型は広告(パンフレット等)により不特定多数の旅行者から募集を募るのに対し、受注型は旅行者からの依頼に対し旅行を企画(カスタマイズ)する企画旅行である。
募集型企画旅行契約 受注型企画旅行契約
旅行業者が企画した旅行(パッケージツアー)を広告により参加者を募集する。 旅行者からの依頼により旅行を企画する。
申込み(申込書、申込金)
契約書面の交付(契約書面、確定書面)
旅行開始(旅程管理)
旅行終了

「受注型企画旅行契約」は旅行者の依頼によって作られた旅行のため、「最低催行人数による定員」や「参加条件」による契約締結の拒否、「ツアータイトルの変更」による変更保証金の支払いや「ピーク時の取消料(海外)」などといった存在しない条件があります。募集型企画旅行契約の項目と比較しながら学んでいきましょう。

確認テスト 目次



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする