確認テスト 旅行業約款「受注型企画旅行契約」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

旅行業者は、企画書面において、旅行代金の内訳として企画料金の金額を明示した場合は、契約書面において当該企画料金の金額を明示しない。
受注型企画旅行契約において、旅行者の参加人数が契約書面に記載した最少催行人数に達しなかった場合、所定の期日までに旅行を中止する旨を旅行者に通知して契約を解除することができる。
旅行業者は、受注型企画旅行契約の成立後速やかに、旅行者に対して依頼の内容に沿って作成した旅行日程、旅行サービスの内容、旅行代金その他の旅行条件に関する企画の内容を記載した企画書面を交付する。
契約責任者は、旅行業者が定める日までに、その団体・グループを構成する旅行者の名簿と人数を旅行業者に提出しなければならない。
受注型企画旅行契約において、旅行業者があらかじめ明示した性別、年齢、資格、技能、その他の参加条件を満たしていないとき、旅行業者は契約を拒否することができる。
旅行業者は、特約を結んだ場合を除き、契約責任者はその構成者の契約の締結に関する一切の代理権を有しているとみなす。
受注型企画旅行契約の団体・グループ契約に関して、申込金の支払いを受けることなく契約を締結する際は、旅行業者がその旨を記載した書面を交付したときに成立する。
受注型企画旅行契約において契約責任者は、旅行業者が定める日までに、構成者の名簿と人数を提出しなければならない。
契約責任者は、旅行業者が定める日までに、構成者の名簿を提出し、または人数を通知しなけらばならない。
契約責任者は、特約を結んだ場合を除き、旅程管理業務その他契約に付随して旅行業者が必要と認める業務以外の契約の締結に関する一切の代理権を有する。
error:
タイトルとURLをコピーしました