確認テスト 旅行業約款 募集型企画旅行契約「契約の解除・払戻し」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

募集型企画旅行において、同行している添乗員が病気等により業務の遂行が不可能になったとき、旅行業者はそれを理由に契約の一部を解除することができる。
募集型企画旅行契約において、通信契約を締結した旅行者のクレジットカードが無効になり、旅行代金等の債務の決済が不可能になった場合、旅行業者は当該旅行者に取消料を請求することができる。
旅行者は、旅行開始後において、契約書面に記載された旅行サービスと異なる旅行サービスを提供されたと認識したときは、旅行終了後速やかにその旨を旅行業者に申し出なければならない。
確定書面に利用列車として新幹線「ひかり号グリーン車」と記載されていたが、新幹線「ひかり号普通車指定席」に変更になったので、旅行者が旅行開始前に契約を解除する場合、取消料の支払いは必要ない。
スキーを目的とする旅行における必要な降雪量等の旅行実施条件であって契約の締結の際に明示 したものが成就しないおそれが極めて大きいとき、旅行業者は旅行開始前に契約を解除することができる。
旅行業者は、旅行者が病気により旅行の継続に耐えられないときであっても、当該旅行者の承諾を得なければ、契約の一部を解除することができない。
7月20日を旅行開始日とする2泊3日の国内旅行において、旅行者の数が契約書面に記載した最少催行人員に達しなかったことから、旅行業者が当該旅行を中止し契約を解除する旨を7月6日に旅行者に通知した場合は、旅行業者は、7月14日までに払い戻すべき金額を払い戻す。
旅行業者の責めに帰すべき事由によらず、旅行業者が契約の一部を解除したときであっても、旅行者が既に提供を受けた旅行サービスに関する旅行業者の債務については有効な弁済がされたとみなされる。
旅行開始後に、旅行者が必要な介助者の不在により旅行の継続に耐えられないと判断され、旅行の一部を解除した場合、当該旅行者がいまだ受けていない旅行サービスに対する取消料、違約料等の費用は、旅行業者の負担となる。
旅行者が病気、必要な介助者の不在その他の理由により、旅行に耐えられないと旅行業者が判断した場合、旅行業者は当該旅行者に理由を説明して承諾を得た後、契約を解除することができる。
error:
タイトルとURLをコピーしました