確認テスト 海外旅行実務「旅券法」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

旅券の査証欄に余白がなくなったとき、新たに旅券の発給申請をすることができる。
旅券の発給申請にあたり、「写真付きの学生証」は都道府県知事が提示または提出を求める書類として、1点のみで良いとされる書類である。
居所申請とは、住所を管轄する都道府県ではなく、居所を管轄する都道府県で旅券(パスポート)申請することをいう。
疾病または身体の故障により署名することが困難な者が旅券の発給を申請する場合、当該発給申請者の法定代理人、配偶者、海外渡航に同行を予定しているものが当該発給申請者に代わって記名するときの順位は特に定められていない。
旅券の名義人が外国に住所又は居所を定めて3か月以上滞在しようとするときは、あらかじめ都道府県知事を通じて外務大臣に在留届1通を提出して、届け出なければならない。
error:
タイトルとURLをコピーしました