確認テスト 海外旅行実務「旅券法」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

旅券の名義人は、当該旅券に関して、1回に限り査証欄の増補を申請することができる。
旅券の名義人で外国に住所又は居所を定めて3か月以上滞在しようとする者は、都道府県に出頭の上、都道府県知事を経由して外務大臣に在留届1通を提出して、届け出なければならない。
旅券の発給申請に当たり、申請者がその配偶者を通じて当該申請に係る書類等を提出するとき、配偶者自身の身元を確認するための書類の提示または提出をする必要はない。
旅券の発給申請をするにあたり、申請者に代わり出頭する者は、当該申請の内容を知り、かつ、都道府県知事または領事館の指示を当該申請者に確実に伝達する能力がある20歳以上の者でなければならない。
旅券の査証欄の増補を受けた後、旅券の有効期間内に再度査証欄の余白がなくなった場合、1回につき査証欄の増補を申請することができる。
error:
タイトルとURLをコピーしました