確認テスト 海外旅行実務「旅券法」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

未成年者が旅券の発給を申請する場合、有効期限が10年の旅券を申請することができない。
旅券は海外では唯一の身分証明書になるため、旅券の二重発給は、いかなる場合も許されない。
旅券の発給申請にあたり、「一般旅券発給申請時に押印した印鑑に係る印鑑登録証明書」は都道府県知事が提示または提出を求める書類として、1点のみで良いとされる書類である。
有効期間が満了した旅券を返納し、新たに旅券の発給申請をする場合、申請者の本籍の都道府県名に変更がなければ、戸籍謄本および抄本の提出を省略することができる。
旅券の発給申請にあたり、「写真付きの学生証」は都道府県知事が提示または提出を求める書類として、1点のみで良いとされる書類である。
旅券を紛失した場合において、その名義人は遅滞なく届け出なければならないが、その届出の後、新しい旅券が発給されたときに、紛失した旅券の効力が失効する。
残存有効期間が1年未満となった旅券を返納の上、旅券の発給申請をする場合、国内においては都道府県知事が、その者の身分上の事実を確認するため特に必要があると認めるときを除き、戸籍謄本又は戸籍抄本の提出を要しない。
旅券の発給申請にあたり、「運転免許証」は都道府県知事が提示または提出を求める書類として、1点のみで良いとされる書類である。
疾病または身体の故障により署名することが困難な者が旅券の発給を申請する場合、当該発給申請者の法定代理人、配偶者、海外渡航に同行を予定しているものが当該発給申請者に代わって記名するときの順位は特に定められていない。
旅券の発給申請をするにあたり、申請者に代わり出頭する者は、当該申請の内容を知り、かつ、都道府県知事または領事館の指示を当該申請者に確実に伝達する能力がある20歳以上の者でなければならない。
error:
タイトルとURLをコピーしました