確認テスト 海外旅行実務「通関法」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

化粧品は、標準サイズで1品目につき24個を超えて持ち込むことはできない。
20歳未満の旅行者については、酒類とたばこは免税が適用されず、課税対象となる。
別送品は、旅行者本人を受取人としなければならない。
海外市価1万円のバーボンウィスキー(760 ml)3本と5万円のワイン(760 ml)1本のみを輸入する場合、ワイン1本が課税対象となる。
香水の免税の範囲は2オンスまでと定められており、免税の範囲を超え香水のみが課税対象になった場合は簡易税率により課税される。
海外市価が8万円のハンドバッグ1個と10万円の腕時計1個、1本5千円のネクタイ2本、 1本8千円のベルト5本のみを輸入する場合、申告価格は23万円となり、ベルト4本が課税対象となる。
別送品の外装、送り状などには、「別送品(Unaccompanied Baggage)」と明確に表示しなければならない。
海外市価が30万円のハンドバッグ1個のみを輸入する場合、簡易税率15%が適用される。
香水3オンスのみを輸入する場合、免税の範囲を超える1オンスについては、課税価格に対し15%が課税される。
別送品について免税枠の範囲内で免税の適用を受けようとする旅行者は、数カ所から別送した場合であっても「携帯品・別送品申告書」を2通作成し、税関に提出しなければならない。
error:
タイトルとURLをコピーしました