旅行業法「外務員」




外務員
営業所以外の場所で、その旅行業者のために旅行業務について取引を行う者をいう。
1.名称による区別がない
・販売員、勧誘員などの名称でも、営業所以外で旅行業務を行えば、法律上は外務員になる。
2.役員、使用人の区別はない
役員でも営業所以外の場所で業務を行う場合は携帯しなければならない。

 

外務員の権限
外務員は、その所属する旅行業者等に代わって、旅行者との旅行業務に関する取引についての一切の裁判外の行為を行う権限を有するものとみなす。ただし、旅行者が悪意であったときは、この限りではない。(21条6第3項)
※外務員が行った契約・取引は、完全に旅行業者が行った行為となるため、その後の責任はすべてその旅行業者に帰属する。
裁判外の行為とは・・・
訴訟を起こしたり、裁判での立証行為や主張などを除いた、旅行業務に関する取引についての行為をいう
悪意とは・・・
法律的な意味の悪意とは、「そのことを知っている(いた)」ということ。道徳的な良し悪しの価値判断ではない。

 

外務員証と旅行業務取扱管理者証の違い
外務員証と旅行業務取扱管理者証の違いはよく出題されるポイントですので、違いを比較しながら覚えましょう。
外務員証 旅行業務取扱管理者証
営業所以外で取引をする者は、必ず携帯しなければならない 旅行業務取扱管理者試験合格者が携帯するが、携帯義務はない
旅行者からの請求に関係なく、必ず提示しなければならない 旅行者からの請求があった場合に提示すればよい。
旅行業者が発行
代理業者自ら発行
外務員証の様式・旅行業務取扱管理者証の様式(同じ)
氏名・生年月日
顔写真(撮影月日)
所属営業所・発行日
法人の場合は、会社名・所在地・代表者氏名
※「旅行業法(標識)」の記載事項にある「氏名又は名称」は、代表者の氏名ではないことに注意。
国土交通省令で定められた様式

「旅行業務取扱管理者」と比較しながら覚えましょう。

確認テスト 目次

error:
タイトルとURLをコピーしました