運送約款 JR旅客営業規則「総則」

JR旅客営業規則は、この後の第3章「国内旅行実務(JR運賃・料金)」の問題としても出題されますので、ふたつをあわせて効率よく学習していきましょう。

運送約款
1.国内航空運送約款(空路) (ANA、JAL)
2.国際航空運送約款(空路) (ANA、JAL)
3.JR旅客営業規則(鉄道)
4.貸切バス約款(陸路)
5.フェリー標準運送約款(海路)

日本には全国6社のJRがあります。
JR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州 (沖縄県は現在計画中)

よく使われる用語を以下にまとめました。

基本用語(JR)
運賃 出発地から目的地までの運送の対価(距離を基準に計算される)
料金 指定席、グリーン車、寝台車などのアップグレード(付加価値)に支払う金額
営業キロ JR各社が運賃計算に使用しているほぼ実際の距離
普通列車 急行列車以外の列車
急行列車 特別急行列車及び普通急行列車
特別車両 旅客車のうち、特別な設備をした座席車(A寝台の設備をした寝台車を座席車として使用する場合を含む。)
乗車券類 乗車券、急行券、特別車両券、寝台券、コンパートメント券及び座席指定券
指定券 乗車日及び乗車列車を指定して発売する急行券、特別車両券(指定席特別車両券 、寝台券、コンパートメント券及び座席指定券
旅行開始 旅客が旅行を開始する駅において、乗車券の改札を受けて入場すること。ただし、駅員無配置駅から旅客が乗車する場合は、その乗車することをいう。

契約の成立・期間の計算
1.旅客等が所定の運賃・料金を支払い、乗車券類等その契約に関する証票の交付を受けた時に成立する。
2.期間の計算をする場合、初日は時間の長短にかかわらず、1日として計算する。

JRの年齢区分は以下のようになります。

年齢区分
大人 12歳以上(12歳の小学生は含まれない)
小児 6歳以上12歳未満(6歳の未入学は含まれない)
幼児 1歳以上6歳未満
乳児 1歳未満
1.小児の運賃・料金
・大人の半額(端数は切り捨て 155円⇒150円)
※グリーン券・グランクラス、寝台券、乗車整理券、ライナー券は大人と同額
2.幼児の運賃・料金が無料となる場合
・大人または小児が同伴して自由席を利用(2人まで)
・大人または小児が同伴して特急寝台(A,B)を利用
3.幼児が小児扱いとなる場合
・大人または小児に同伴する3人目以降の幼児
・幼児だけで乗車(単独で旅行)
・指定席、グリーン席、寝台を単独で使用
※乳児も小児扱い
団体旅客として乗車(ex.園児の旅行など)
4.個室寝台について
人数分の大人料金がかかる
※2人用個室を1人で利用する場合も、大人2人分の料金が必要。
小児、幼児も大人料金

確認テスト 目次



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする