確認テスト 運送約款「JR旅客営業規則」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

列車が事故等で運行不能となったとき、旅行を途中で中止する場合は、旅客は、無賃で乗車券の券片に表示された発駅に戻ることを請求できる。この場合において、途中下車をしていなければ、すでに旅客鉄道会社が収受した旅客運賃の全額の払いもどしを請求できる。
旅客が手回り品に危険物を所持している疑いがある場合、旅客の立会いの下、手回り品の中身を点検することがある。
旅客が車内に携帯できる荷物は、タテ・ヨコ・高さの合計が250㎝(長さは2mまで)以内、重さが30キロ以内のものを2個までである。
B小口団体とは、31人以上で構成された団体をいう。
旅客の運送等の契約は、その成立について別段の意思表示があった場合を除き、旅客等が所定の運賃・料金を支払い、乗車券類等その契約に関する証票の交付を受けた時に成立する。
旅行開始後に団体乗車券の行程変更をする場合、1回に限り、当該区間や乗車列車などの変更が可能である。
旅客鉄道会社は、訪日観光団体に対しては、団体旅客が31人以上50人までのときは1人、51人以上のときは50人ごとに1人を加えた人員を無賃扱人員として旅客運賃を収受しない。
団体乗車券および貸切乗車券は、運送引受け後、始発駅出発日の2ヵ月前から発売する。
小口団体(普通団体)に対する運送の申込みの受付期間は、当該団体の始発駅出発日の9箇月前の 日から14日前の日までである。ただし、別に定める場合は12日前の日まで受け付けることがある。
大人の普通回数乗車1券1枚で小児2人が利用することができる。
error:
タイトルとURLをコピーしました