確認テスト 運送約款「国内航空運送約款」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

航空会社が予約した座席を提供できない場合や、座席を予約できない場合、航空会社はその有効期間を最大30日間まで延長することができる。
航空運賃・料金の払戻は、有効期間満了後の翌日から起算して14日以内に限り行わなければならない。
航空会社は、手荷物引き渡しの際、その手荷物が正当な受取人であることを確認する必要はない。
航空券の名義を第三者に譲渡する場合、航空会社が規定する変更手数料を支払わなければならない。
何社かの航空会社が共同して航空運送を行った場合、実際にその便を運送した旅行会社が責任を負う。
手荷物その他の旅客が申告する価格が15万円を超えるときは、その超えた金額1万円につき100円を従価料金として申し受ける。
旅客の不正により搭乗したことが発覚した場合、その不正に登場した区間の運賃・料金と、搭乗時にその区間に設定された最も高額な運賃・料金の2倍相当額を合わせた金額を収受する。
旅行者に同伴される愛玩動物は、受託手荷物として取り扱われる。
持込手荷物の損害は、航空会社または使用人に過失があったことを証明された場合に限り賠償する。
旅客が間違えて他人の受注手荷物を受取った場合、航空会社がその手荷物が正当な受取人であることを確認しなかったときは、賠償の責任を負う。
error:
タイトルとURLをコピーしました