確認テスト 宿泊約款 モデル宿泊約款」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

宿泊料金の支払いをクレジットカードで行う場合、宿泊者はチェックイン時(登録時)に使用するクレジットカードを呈示しなければならない。
ホテル(旅館)が定めた時刻に宿泊客が連絡をしないで当日に到着しない場合、ホテル(旅館)は、宿泊客が宿泊契約を解除したものとして処理することができる。
宿泊客からの合理的な範囲を超える負担の要求に対して、ホテル(旅館)は宿泊契約を解除することができる。
宿泊客が館内に持ち込んだ貴重品でフロントに預けなかったものについては、いかなる場合もホテル(旅館)は損害賠償の責任を負わない。
宿泊客が宿泊中に宿泊の延長を申し入れた場合、ホテル(旅館)は申し入れがあった時点で当初の契約が継続されたものとして処理する。
宿泊契約は、ホテル(旅館)が申込を承諾したときに成立する。
宿泊客に予約した客室を提供できないことにつき、ホテル(旅館)側の責めに帰すべき事由がない場合は、違約金相当額の補償金を支払う必要はない。
宿泊客は、宿泊契約を解除したとき、ホテル(旅館)が宿泊客に対して違約金の告知したときに限り支払う。
宿泊客がホテル(旅館)の駐車場を利用する場合で、ホテル(旅館)が車両キーを寄託した場合、ホテル(旅館)は車両の管理責任を負う。
宿泊契約を申し込むときは、宿泊期間(3日を超えるときは3日間)の基本宿泊料を限度として当館が定める申込金を、宿泊先が指定する日までに支払う。
error:
タイトルとURLをコピーしました