確認テスト モデル宿泊約款




ランダムに5問ずつ出題されます。PLAY AGAIN を押していろんな問題にチャレンジしてみましょう。

モデル宿泊約款

宿泊客に予約した客室を提供できないことにつき、ホテル(旅館)側の責めに帰すべき事由がない場合は、違約金相当額の補償金を支払う必要はない。
宿泊料金の支払いをクレジットカードで行う場合、宿泊者はチェックイン時(登録時)に使用するクレジットカードを呈示しなければならない。
使用可能になった客室を、宿泊客が任意に使用しなかった場合においても、宿泊料が発生する。
宿泊客が宿泊中に宿泊の延長を申し入れた場合、ホテル(旅館)は申し入れがあった時点で当初の契約が継続されたものとして処理する。
ホテル(旅館)は、契約の成立後、申込金の支払いを要しないこととする特約に応じることがある。

目次