確認テスト 宿泊約款 モデル宿泊約款」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

宿泊客が、ホテル(旅館)内に持ち込んでフロントに預けなかった物品又は現金並びに貴重品に滅失、毀損等の損害が生じた場合において、宿泊客からあらかじめその種類及び価額の明告がなかったものについては、ホテル(旅館)に故意又は重大な過失がある場合を除き、ホテル(旅館)は所定の金額を限度としてその損害を賠償する。
ホテル(旅館)が定めた時刻に宿泊客が連絡をしないで当日に到着しない場合、ホテル(旅館)は、宿泊客が宿泊契約を解除したものとして処理することができる。
宿泊客がフロントに預けた物品又は現金並びに貴重品において、ホテル(旅館)が種類及び価額の明告を求めた場合に宿泊客がそれを行わなかったときは、宿泊先が定める金額を限度としてその損害を賠償する。
宿泊客は、宿泊契約を解除したとき、ホテル(旅館)が宿泊客に対して違約金の告知したときに限り支払う。
ホテル(旅館)は、契約の成立後、申込金の支払いを要しないこととする特約に応じることがある。
チェックアウト後に宿泊客が置き忘れた手荷物などにおいて、所有者が判明しないときは、ホテル(旅館)は、発見した日の翌日から起算して14日間保管し、その後最寄りの警察署に届け出る。
宿泊客がホテル(旅館)の駐車場を利用する場合で、ホテル(旅館)が車両キーを寄託した場合、ホテル(旅館)は車両の管理責任を負う。
宿泊料金の支払いをクレジットカードで行う場合、宿泊者はチェックイン時(登録時)に使用するクレジットカードを呈示しなければならない。
連続して宿泊する宿泊客は、到着日および出発日を除き、客室を終日使用することができる。
宿泊客は、宿泊日当日、ホテル(旅館)のフロントにおいて、氏名、年令、性別、住所、職業、出発日、出発予定時刻、その他ホテル(旅館)が必要と認める事項を登録し、外国人にあっては、それらに加えて、国籍、旅券番号、入国地及び入国年月日を登録する。
error:
タイトルとURLをコピーしました