確認テスト 旅行業約款「特別補償」




ランダムに5問ずつ出題されます。PLAY AGAIN を押していろんな問題にチャレンジしてみましょう。

旅行業約款「特別補償」

特別補償規程において、添乗員、旅行業者の使用人または代理人による受付が行われない場合、最初の運送・宿泊機関等が鉄道であるとき、改札の終了時または改札のないときは当該列車乗車時が旅行サービスの開始時になる。
旅行業者は、旅行者1名につき、損害額が1回の事故につき3.000円を超えない場合は、損害補償金を支払わない。
東京駅が発着地のハワイ旅行で成田空港へ向かう途中、地震による事故により旅行者が傷害を被った場合、特別補償規程は適用されない。
特別補償規程において、添乗員、旅行業者の使用人または代理人による解散の告知がない場合、最後の運送・宿泊機関等が船舶であるとき、当該船舶を下船した時が旅行サービスの終了時になる。
補償対象品である液体の流出のため、デジタルカメラが故障した場合、携帯品損害補償金の対象になる。

目次