確認テスト 旅行業約款「特別補償規程」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

公道において、レンタルの自転車でサイクリング中に、ハンドル操作を誤り転倒して負った怪我による 3日間の通院は、通院見舞金が支払われる。
補償対象品の1個または一対の損害額が10万円を超えるときは、損害額を10万円とみなして損害補償金を支払う。
企画旅行の行程に含まれているレストランでの食事に起因する細菌性食中毒による入院は、特別補償規程が適用される。
東京駅が発着地のハワイ旅行で成田空港へ向かう途中、地震による事故により旅行者が傷害を被った場合、特別補償規程は適用されない。
特別補償規程において、添乗員、旅行業者の使用人または代理人による受付が行われない場合、最初の運送・宿泊機関等が航空機であるとき、乗客のみが入場できる飛行場内における手荷物の検査等の完了時が旅行サービスの開始時になる。
添乗員、旅行業者の使用人または代理人が受付を行う場合、その受付完了時が旅行サービスの開始時になる。
補償対象品である液体の流出のため、デジタルカメラが故障した場合、携帯品損害補償金の対象になる。
企画旅行参加中に、ホテルのロビーでひったくりに遭ったハンドバックは、携帯品損害補償金の支払い対象になる。
旅行者が、定められている企画旅行の行程から離脱する場合、あらかじめ旅行業者に離脱及び復帰の予定日時を届け出ていたときは、その離脱中も企画旅行参加中とみなされる。
企画旅行中の無手配日に生じた事故により旅行者が被害を被った場合、旅行業者が契約書面に当該無手配日に生じた事故による損害を補償しない旨を明示した場合は、当該無手配日は企画旅行参加中としない。
error:
タイトルとURLをコピーしました