確認テスト 旅行業約款「特別補償規程」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

旅行者が起こした交通事故により、レンタル原動機付自転車の前部が破損した場合、携帯品損害補償金の対象になる。
旅行中に紛失したサングラスは、携帯品損害補償金の対象になる。
国内旅行の参加中に発生した地震により傷害を被り2日間入院した場合、特別補償規程に基づく入院補償金が支払われる。
スーツケースに入れていた液体化粧品が流出したため、中のデジタルカメラの機能に支障をきたした場合、携帯品損害補償金が支払われる。
旅行中に移動の際、持病の腰痛を発症し、旅行終了後に7日間通院した場合、通院見舞金は支払われる。
ハイキングツアーに参加中に旅行者の不注意で転倒し1日入院した場合、入院見舞金が支払われる。
旅行業者が損害賠償責任を負うときは、その責任に基づいて支払うべき損害賠償金の額の限度において、旅行業者が支払うべき特別補償規程に基づく補償金は、当該損害賠償金とみなされる。
旅行業者は、旅行者1名につき、損害額が1回の事故につき3.000円を超えない場合は、損害補償金を支払わない。
旅行業者が損害賠償責任を負う場合、特別補償規程に基づく補償金額は、旅行業者が支払う当該損害賠償金に相当する額だけ縮減する。
特別補償規程において、添乗員、旅行業者の使用人または代理人による受付が行われない場合、最初の運送・宿泊機関等が宿泊機関であるとき、宿泊手続の完了時が旅行サービスの開始時になる。
error:
タイトルとURLをコピーしました