確認テスト 旅行業約款「旅行相談契約」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

旅行相談契約は、旅行業者が契約を承諾し、旅行者から申込金を受理したときに成立する。
旅行相談契約において、旅行業者は、申込書の提出を受けることなく電話、郵便、ファクシミリその他の通信手段による契約の申込みを受け付けた場合、旅行業者が契約の締結を承諾した時に成立する。
旅行者の委託により、「旅行に必要な経費の見積り」を作成することは、旅行相談契約の業務のひとつである。
旅行相談契約において、旅行業者が旅行者と契約をする場合、契約に関する書面を交付する。
旅行業者は、業務上の都合を理由に旅行相談契約の締結を拒否することができる。
旅行者の委託により、「旅行地及び運送・宿泊機関等に関する情報提供」を行うことは、旅行相談契約の業務のひとつである。
旅行相談契約において、書面による特約により、申込金を支払うことなく、承諾のみにより契約を成立させることがある。
旅行業者は、旅行相談契約にあたり、故意または過失により旅行者に損害を与えたときは、その損害の発生した日の翌日から起算して6ヶ月以内に旅行業者に通知があった場合に限り、その損害の賠償する責任を負う。
旅行相談契約の履行に当たって、旅行業者が故意又は過失により旅行者に損害を与えたときは、損害発生の日から起算して6月以内に旅行業者に対して通知があったときに限り、旅行業者は損害賠償責任を負う。
旅行相談契約において、旅行業者は、法令に反せず、かつ旅行者に不利にならない範囲で書面による特約を結ぶことができる。
error:
タイトルとURLをコピーしました