確認テスト 旅行業約款 募集型企画旅行契約「責任・旅程保証」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

確定書面では羽田空港に帰着し解散と記載していたが、強風のため羽田空港に航空機が着陸できず、 成田空港に帰着し解散に変更となった場合、国内(本邦内)の終了地の変更により、変更補償金が支払われる。
旅行者は、契約の際に旅行業者から提供された情報について、契約内容また旅行者の権利・義務について理解するように努めなければならない。
旅行業者が支払うべき変更補償金の額が1,000円未満の場合は支払わなくてもよい。
確定書面に記載された「Aホテルのツイン」がAホテルの過剰予約受付により「Bホテルのスイート」に変更された場合、変更補償金は支払われる。
変更補償金は、旅行者から旅行業者に対して所定の期間内に契約内容の重要な変更が生じた旨の申出があった場合に限り支払われる。
確定書面に記載された旅行開始地が羽田空港となっていたが、航空会社の過剰予約受付のため成田空港へ変更になった場合、変更補償金は支払われる。
国内旅行中に旅行業者の過失により旅行者の手荷物に損害が発生した場合、損害発生の翌日から起算して21日以内に通知があった場合に限り賠償する。
旅行業者が変更補償金を支払う場合、支払うべき事由が発生した日の翌日から起算して30日以内に支払わなければならない。
確定書面に「羽田発那覇直行便」」と記載されていたが、航空会社の過剰予約受付のため、同じ航空会社の「羽田発伊丹経由那覇行き」の乗継便に変更になった場合、変更補償金は支払われる。
旅行業者が変更補償金を支払う場合、旅行終了日の翌日から起算して30日以内に支払わなければならない。
error:
タイトルとURLをコピーしました