確認テスト 旅行業約款 募集型企画旅行契約「責任・旅程保証」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

旅行業者が変更補償金を支払う場合、支払うべき事由が発生した日の翌日から起算して30日以内に支払わなければならない。
確定書面では 羽田空港に帰着し解散 と記載していたが、強風のため羽田空港に航空機が着陸 できず、 成田空港に帰着し解散 に変更となったとき、変更補償金は支払われる。
確定書面に記載されたCホテルの20階の海に面した部屋から、過剰予約により同じホテルの18階の海に面した部屋に変更になった場合、変更補償金が発生する。
変更補償金を支払った後に、当該変更について旅行業者に責任が発生することが明らかになった場合には、旅行者は当該変更に係る変更補償金を旅行業者に返還しなければならない。この場合、旅行業者は、支払うべき損害賠償金の額と旅行者が返還すべき変更補償金の額とを相殺した残額を支払う。
契約書面のツアータイトルに「金環日食を観測する」とあったが、悪天候で金環日食を見ることができなかったとき、変更補償金は支払われる。
確定書面の昼食場所が過剰予約のため「1つ星Aレストラン」から「3つ星Bレストラン」に変更になった場合、変更補償金は支払われない。
変更補償金は、旅行者から旅行業者に対して所定の期間内に契約内容の重要な変更が生じた旨の申出があった場合に限り支払われる。
確定書面では羽田空港に帰着し解散と記載していたが、強風のため羽田空港に航空機が着陸できず、 成田空港に帰着し解散に変更となった場合、国内(本邦内)の終了地の変更により、変更補償金が支払われる。
旅行に参加中の旅行者が暴動に巻き込まれ損害を被ったとき、それが旅行業者またはその手配業者の故意または過失によるものでないときは、旅行業者はその賠償責任を負わない。
旅行業者は、約款に定める契約内容の重要な変更が生じた場合において、当該変更が手配代行者 の過失によるものであることが明らかであるときは、旅行者に対し変更補償金を支払わない。
error:
タイトルとURLをコピーしました