確認テスト 旅行業約款 募集型企画旅行契約「契約の変更」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

旅行者の交替における契約上の地位の譲渡は、旅行業者が旅行者から所定の金額の手数料の提出を受けた時に効力を生ずる。
募集型企画旅行契約において、旅行業者は、宿泊機関の利用人数により旅行代金が異なる旨を契約書面に記載した場合において、3名1室利用で契約していた旅行者の1名が取消料の適用期間内に契約を解除した場合、解除した旅行者からは取消料を収受することができるが、他の2名の旅行者の旅行代金を増額することができない。
募集型企画旅行契約において、宿泊予定のホテルの宿泊料が、著しい経済情勢の変化等により、募集型企画旅行の募集の際に明示したものに比べて、通常想定される程度を大幅に超えて増額又は減額される場合、その増額又は減額される金額の範囲内で旅行代金を増額または減額することができる。
宿泊機関が宿泊サービスの提供を行っているにもかかわらず、部屋の不足が発生したことか ら、旅行業者が契約内容の一部を変更し、旅行の実施に要する費用が増加した場合には、旅行業者は、当該旅行業者に過失がない場合に限り、その増加した費用の範囲内において旅行代金を増額することがある。
募集型企画旅行契約において、契約書面に記載したホテルが過剰予約受付のため利用できなくなり、隣のホテルのスイートルームに変更したことにより旅行代金が増加した場合、旅行業者は当該契約内容の変更の範囲内で旅行代金の額を増額することができる。
契約書面に記載したホテルが過剰予約を受け付けたために利用できなくなり、宿泊料金の高いホテルに変更したことにより増額した旅行代金について、旅行業者はその増額分を徴収することができる。
新千歳空港から羽田空港への移動に際し、確定書面に記載した航空便の欠航により羽田空港に移動できず、やむを得ず、旅行者が札幌市内に宿泊することになった場合において、旅行の実施に要する費用の増加が生じたときは、当該増加分は、旅行業者の負担となる。
利用する運送機関の適用運賃・料金が、著しい経済情勢の変化等により、通常想定される程度を大幅に超えて減額されるときは、旅行業者は旅行開始日の前日から起算して遡って15日目に当たる日より前に、その減少額だけ旅行代金を減額する。
募集型企画旅行契約において、契約を締結していた旅行者から、旅行開始日の前日から起算して20日に当たる日より前に契約上の地位を第三者に譲りた渡したいとの申出があった場合、旅行業者はこれに応じなければならない。
募集型企画旅行契約において、旅行業者の関与し得ない事由が生じたため契約内容を変更するときは、旅行業者はいかなる場合も事前に速やかに当該事由が旅行業者が関与し得ないものである理由及びその事由との因果関係を説明しなければならない。
error:
タイトルとURLをコピーしました