確認テスト 旅行業法「登録」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

旅行業者等の登録を取り消され、その取り消しの日から5年を経過していない者は、旅行業等の登録の拒否事由に該当する。
第3種旅行業者は、本邦外の旅行を取り扱うことができない。
第3種旅行業者が観光庁長官の定める区域内において企画旅行を実施するためには、観光庁長官にその旨の届出を行わなければならない。
更新登録の申請をしようとする旅行業者は、有効期間満了の1カ月前までに登録行政庁に更新登録申請書を提出しなければならない。
申請の4年前に旅行業務に関し不正な行為をしたものは、登録の拒否事由に該当する。
第1種旅行業者が第2種旅行業へ変更登録の申請をする場合は、観光庁長官に申請しなければならない。
第2種旅行業の有効期間の更新の登録がなされたときは、その登録の有効期間は、従前の登録の有効期間の満了の日から起算する。
旅行業者代理業者は、有効期間の2カ月前までに、登録行政庁に更新登録の申請をしなければならない。
旅行業者が更新登録の申請を行った場合で、有効期間満了の日までに登録行政庁からの通知がない場合、旅行業者は通知があるまでの間、旅行者と旅行業務について契約を締結してはならない。
第2種旅行業者は、訪日した外国人旅行者を対象とした本邦内の企画旅行を取り扱うことができる。
error:
タイトルとURLをコピーしました