確認テスト 旅行業法「取引条件の説明、書面の交付」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

旅行業者等は、企画旅行を締結した場合にあっては、管理業務を行う者が同行しないときは、必ず運送等サービスを提供する機関の連絡先を書面に記載しなければならない。
旅行業者等は、対価と引換えに旅行に関するサービスの提供を受ける権利を表示した書面を旅行者に交付する場合、取引条件の説明書面の交付しなくてもよい。
企画旅行を締結するにあたって取引条件の説明をするときに交付する書面に記載する事項に、旅行中の損害の補償に関する事項が含まれる。
保証社員である旅行業者は、企画旅行契約を締結しようとするときは、当該旅行業者の弁済限度額を取引条件の説明書面に記載しなければならない。
旅行業者は、旅行に関する相談に応ずる行為に関しては、取引条件について説明した書面の交付をしなくてもよい。
error:
タイトルとURLをコピーしました