確認テスト 旅行業法「定義」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

報酬を得て、自ら経営する運送機関又は宿泊施設を利用して、旅行者に対して運送又は宿泊のサービスを提供する行為を行うことは、旅行業に該当する。
宿泊業者が航空会社を代理して、その航空券のみを旅行者に販売する行為は旅行業に該当するため、旅行業の登録を受けなければならない。
観光協会が、旅行者のために、インターネットを利用して、他人の経営する農園での果物狩りと昼食を予約する行為は、旅行業の登録が必要である。
企画旅行契約又は手配旅行契約に付随して、旅行者の案内、旅券の受給のための行政庁等に対する手続の代行その他の旅行者の便宜となるサービスを提供する行為は、旅行業の登録が必要である。
コンビニエンスストアが、コンサートのチケットを販売する行為は、旅行業の登録が不要である。
error:
タイトルとURLをコピーしました