確認テスト 旅行業法「旅行サービス手配業」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

旅行サービス手配業者が自らが作成した旅行業約款を使用する場合、旅行者の正当な利益を害する恐れがないものにしなければならない。
営業所が複数ある旅行サービス手配業者が旅行サービス手配業務取扱管理者を選任する場合、その営業所間の距離が40km以下であって、かつ、全営業所の前事業年度の旅行者との取引額が1億円以下の場合、1人の旅行サービス手配業務取扱管理者が兼任することができる。
委託する場合、登録を受けた旅行サービス手配業者または旅行業者でなければならない。
旅行業者代理業者が所属旅行業者を代理して旅行サービス手配業務を行う場合、旅行サービス手配業の登録は必要ない。
登録行政庁は、旅行サービス手配業者の業務に関し、取引の公正、旅行の安全又は旅行業者の利潤の追求を害する事実があると認めるときは、旅行サービス手配業務取扱管理者を解任することができる。
選任したすべての旅行サービス手配業務取扱管理者が欠けた場合、新たに選任するまでの間は、その営業所の旅行サービス手配業務に関する全ての業務をしてはならない。
日本国内のツアーで、旅行業者のために旅行者に対する運送・宿泊サービスの手配を行う場合、旅行サービス手配業の登録が必要である。
旅行サービス手配業者が主たる営業所の所在地を変更しようとする場合、変更後の主たる営業所の所在地を管轄する都道府県知事に変更の申請を行う。
旅行サービス手配業の登録を受けようとする者は、申請書を主たる営業所の所在地を管轄する都道府県知事に提出する。
旅行サービス手配業の更新登録の申請をしようとする者は、主たる営業所の所在地を管轄する都道府県知事に更新登録申請書を提出しなければならない。
error:
タイトルとURLをコピーしました