確認テスト 旅行業法「旅行業協会」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

旅行業協会から還付充当金を納付すべき通知を受けた保証社員は、その通知を受けた日から7日以内に還付充当金を納付しなければ、旅行業協会の社員の地位を失う。
旅行業者等または旅行サービス手配業者は、旅行業協会から旅行業務に関する苦情の解決に必要な資料の提出を求められたときは、正当な理由がないのに、これを拒んではならない。
旅行業協会に加入しようとする旅行業者は、旅行業協会に営業保証金を供託しなければならない。
旅行業務及び旅行サービス手配業務に関する取引の利益増進のための調査、研究及び広報は、旅行業協会が適正かつ確実に実施しなければならない業務である。
旅行業協会は、旅行に関するサービスを提供する者に対する指導を行わなければならない。
旅行業務に関し社員でない旅行業者等と取引をした旅行者に対して生じた債権に関し弁済をする業務は、旅行業協会の業務のひとつである。
旅行サービス手配業者は、旅行業協会の保証社員(正会員)となることができる。
旅行業務の適切な運営を確保するための旅行業者等または旅行サービス手配業者に対する指導は、旅行業協会が適正かつ確実に実施しなければならない業務である。
旅行業協会の保証社員になろうとする者は、旅行業協会に加入した日から14日以内に弁済業務保証金分担金を旅行業協会に納付しなければならない。
旅行業協会は、旅行業務に関する苦情の解決についての申出、当該苦情に係る事情及びその解決の結果について、すべての旅行業者等または旅行サービス手配業者に周知させなければならない。
error:
タイトルとURLをコピーしました