確認テスト 旅行業法「旅行業協会」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

保証社員は、変更登録を受けた場合において、その弁済業務保証金分担金の額が増加することとなるときは、変更登録を受けた日から14日以内に、その増加する額の弁済業務保証金分担金を旅行業協会に納付しなければならない。
旅行業務に関し社員でない旅行業者等と取引をした旅行者に対して生じた債権に関し弁済をする業務は、旅行業協会の業務のひとつである。
旅行業協会が供託している弁済業務保証金から弁済を受ける権利を実行しようとする旅行者は、その債権について登録行政庁の認証を受けなければならない。
旅行業協会が適正かつ確実に実施しなければならない業務に、運送及び宿泊サービスを提供する者に対する研修が定められている。
旅行業務及び旅行サービス手配業務に関する取引の利益増進のための調査、研究及び広報は、旅行業協会が適正かつ確実に実施しなければならない業務である。
旅行業協会は、旅行者から苦情のあった旅行業者に対し、立ち入り検査を実施し、苦情の事実が判明しした場合は、当該旅行業者の登録を取り消すことができる。
旅行業協会の保証社員になろうとする者は、旅行業協会に加入した日から14日以内に弁済業務保証金分担金を旅行業協会に納付しなければならない。
旅行業協会は、旅行業の適切な運営を確保するために、必要に応じて旅行業者等または旅行サービス手配業者への立入検査を実施する。
旅行業協会が供託している弁財業務保証金から還付を受けようとする旅行者は、旅行業協会から認証を受けなければならない。
保証社員を所属旅行業者とする旅行業者代理業者と旅行業務に関し取引をした旅行者は、旅行業協会が供託している弁済業務保証金から弁済を受ける権利を有する。
error:
タイトルとURLをコピーしました