確認テスト 旅行業法「広告・誇大広告」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

旅行業務の広告として、旅行業者等の業務の範囲、資力または信用に関する事項は、誇大広告をしてはならない事項のひとつである。
企画旅行の募集広告の表示事項として、旅行中の損害の補償についてはは定められていない。
企画旅行の広告について、旅行業者等は、旅行の目的地及び日程に関する事項、旅行者が旅行業者等に支払うべき対価に関する事項及び当該対価に含まれていない旅行に関する経費であって旅行者が通常必要とするものについても表示しなければならない。
旅行業務の広告として、旅行地の景観、環境の他の状況に関する事項は、誇大広告をしてはならない事項のひとつである。
広告は、地域限定旅行業者や旅行業者代理業者も行うことができる。
旅行業務の広告として、旅行地における旅行の安全の確保に関する事項は、誇大広告をしてはならない事項のひとつである。
旅行業務の広告として、旅行に関するサービスの品質その他の内容に関する事項は、誇大広告をしてはならない事項のひとつである。
企画旅行に参加する旅行者を募集するための広告の表示事項として、旅行の目的地及び日程に関する事項が定められている。
旅行者が提供を受けることができる運送、宿泊又は食事のサービス内容に関する事項は、国土交通省令・内閣府令で定める広告の表示事項である。
企画者以外の者の氏名又は名称を表示する場合は、文字の大きさ等に留意して、企画者の氏名又は名称を明確にしなければならない。
error:
タイトルとURLをコピーしました