確認テスト 旅行業法「旅行業務取扱管理者」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

第1種旅行業者は、本邦外の募集型企画旅行の実施が可能であるので、すべての営業所に総合旅行業務取扱管理者を選任しなければならない。
旅行業務取扱管理者が管理及び監督しなければならない職務のひとつとして、取引の公正、旅行の安全、旅行業者の利便を確保するために必要な事項として観光庁長官が定める事項がある。
旅行業務取扱管理者は、旅行者からの請求がなければ、旅行業務取扱管理者証を提示しなくてもよい。
法第12条の11の規定による旅程管理業務を行う者に関する事項は、旅行業務取扱管理者の職務である。
旅行業者等は、旅行業務取扱管理者について、5年ごとに旅行業務に関する法令、旅程管理その 他の旅行業務取扱管理者の職務に関し必要な知識及び能力の向上を図るため、登録研修機関が実施する研修を受けさせなければならない。
本邦内外の旅行業務を取り扱う営業所にあっては、国内および総合旅行業務取扱管理者をそれぞれ選任しなければならない。
法第10条の規定による旅行業務に関する旅行者との取引額の報告に関する事項は、旅行業務取扱管理者の職務である。
法第12条の4の規定による取引条件の説明に関する事項は、旅行業務取扱管理者の職務である。
地域限定旅行業者は、複数の営業所において旅行業務取扱管理者を選任する場合も、それぞれ1人以上の旅行業務取扱管理者を選任しなければならない。
法第12条の2第3項の規定による旅行業約款の掲示及び備置きに関する事項は、旅行業務取扱管理者の職務である。
error:
タイトルとURLをコピーしました