確認テスト 旅行業法「受託契約」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

旅行業者代理業者は、所属旅行業者の事前の承諾があれば、自ら直接、他の旅行業者と受託契約を締結することができる。
受託旅行業者は、他の旅行業者に受託契約の再委託をすることはできない。
委託旅行業者及び受託旅行業者は、受託契約において、委託旅行業者を代理して企画旅行契約を締結することができる受託旅行者と受託旅行業者代理業者の営業所を定めておかなければならない。
旅行業者代理業者は、自ら受託契約を締結することはできない。
地域限定旅行者は、委託旅行業者となることができない。
受託旅行業者は、他の旅行業者に受託契約の再委託をすることができる。
地域限定旅行業者は、委託旅行業者になることができる。
受託旅行業者は、その営業所において、委託旅行業者の旅行業務取扱料金及び旅行業約款を旅行者に見やすいように掲示しなければならない。
旅行業者は、旅行業者代理業の登録を受けなくても、他の旅行業者を代理して旅行者と募集型企画旅行を締結する受託旅行業者となることができる。
旅行業者は、他の旅行業者が実施する企画旅行について、当該他の旅行業者と受託契約を締結しようとするときは、当該他の旅行業者を所属旅行業者とする旅行業者代理業の登録を受けなければならない。
error:
タイトルとURLをコピーしました