確認テスト 旅行業法「受託契約」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

受託旅行業者は、他の旅行業者に受託契約の再委託をすることができる。
旅行業者は、委託旅行業者と受託契約を締結したときは、遅滞なく、登録行政庁にその旨を届け出なければならない。
地域限定旅行業者は、第1種旅行業者を委託旅行業者とする受託契約を締結することができる。
旅行業者は、自らを受託旅行業者とする受託契約を複数の旅行業者と締結することができる。
旅行業者代理業者は、自ら受託契約を締結することはできない。
所属旅行業者が他の旅行業者と自らが受託旅行業者となる受託契約を締結すれば、旅行業者代理業者も自動的に委託旅行業者を代理して企画旅行契約を締結することができる。
委託旅行業者及び受託旅行業者は、受託契約において、委託旅行業者を代理して企画旅行契約を締結することができる受託旅行者と受託旅行業者代理業者の営業所を定めておかなければならない。
地域限定旅行者は、委託旅行業者となることができない。
旅行業者代理業者は、所属旅行業者の承諾があった場合のみ、自ら他の旅行業者と受託契約を締結することができる。
旅行業者は、旅行業者代理業の登録を受けなくても、他の旅行業者を代理して旅行者と募集型企画旅行を締結する受託旅行業者となることができる。
error:
タイトルとURLをコピーしました