確認テスト 旅行業法「営業保証金」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

第1種旅行業者の新規登録を受けた者であって、旅行業務に関する旅行者との年間取引見込額が5,000万円未満の者が供託すべき営業保証金の額は7,000万円である。
第1種旅行業の新規登録を受けた者であって、旅行業務に関する旅行者との年間取引見込額が2億円未満の者が供託するべき営業保証金は、7000万円である。
登録通知後、14日以内に主たる営業所の最寄りの供託所に営業保証金を還付した場合、旅行業者は事業を開始することができる。
旅行業者の営業保証金の額は、前事業年度における旅行業務に関する旅行者との取引額に応じ、業務の範囲の別ごとに国土交通省令で定めることにより算定した額である。
旅行業者が新たに営業所を設置したときは、その日から14日以内に営業保証金を追加して供託しなければならない。
旅行業者代理業者の営業保証金の供託所は、所属旅行業者の主たる営業所の所在地の最寄りの供託所である。
債務不履行により、供託所が旅行者に還付したことにより営業保証金が不足した場合、旅行業者は14日以内に不足分の追加供託をして、その旨を登録行政庁に届け出なければならない。
新規登録を受けた旅行業者の営業保証金の額は、登録の申請時に添付した書類に記載した年間取引見込額により算定した額とする。
年間取引見込額が400万円未満の地域限定旅行業者の供託すべき営業保証金は15万円である。
旅行業者は、毎事業年度終了後60日以内に、その事業年度における旅行業務に関する旅行者との取引の額を登録行政庁に報告しなければならない。
error:
タイトルとURLをコピーしました