確認テスト 国内旅行実務「宿泊料金」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

ホテルの客室を5時間延長して使用したときの時間外追加料金は、室料金の3分の1である。
旅館で子供用の食事と寝具の提供を受けたときの子供料金は、大人料金の30%となる。
違約金は、基本宿泊料とサービス料の合計額に対して計算する。
宿泊日の7日前に20名で1泊する宿泊契約をホテルと締結した団体客が、宿泊当日に契約の一部を解除し16名となった場合、当該ホテルは、解除となった(  )名分の違約金を収受する。
ホテルの客室を2時間延長して使用したときの時間外追加料金は、室料金の3分の1である。
error:
タイトルとURLをコピーしました