確認テスト 海外旅行実務「査証・出入国手続」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

「eTA」とは、オーストラリアの電子渡航認証システムである。
「シェンゲン協定」において、日本人旅行者は、シェンゲン協定加盟国への最初の入国日から120日間に、全ての滞在国での滞在日数の合計が90日まで滞在が可能である。
「ETAS」とは、アメリカの電子渡航認証システムである。
日本の免税品店で物品を購入した場合、出国時に「輸出証明申請書」を税関に提出する。
滞在型ビザには、「観光ビザ」、「就労ビザ」、「永住ビザ」の3つである。
EU加盟国内で買い物をした場合、その物品について税金が払戻される制度を「VAT」という。
日本国との「査証相互免除協定」が結ばれた国が発行する有効な旅券(パスポート)を所持する者が、一定の目的で日本渡航をする場合、査証(ビザ)を取得する必要はない。
「退避勧告」とは、危険情報が出ている国や地域への渡航と退避を、国が強制力を持って発出する情報である。
EU加盟国で使用されている共通の通貨はユーロで、加盟国すべての国で採用されている。
「顔認証システム」とは、日本人の出帰国手続及び外国人の出国手続を合理化し、より多くの入国審査官を外国人の審査に充て、審査の厳格さを維持しつつ更なる円滑化を図ることを目的としている。
error:
タイトルとURLをコピーしました