確認テスト 海外旅行実務「入管法」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

特別永住者がみなし再入国の許可を受けて出国した場合において、当該許可の有効期間内に再入国することができない相当の理由があると領事官が認めるときは、その者の申請に基づ き、当該許可の有効期間の延長をすることができる。
再入国の許可を受けたものとみなされる中長期在留者の再入国の許可の有効期間は、出国の日から 1年(在留期間の満了の日が出国の日から 1年を経過する日前に到来する場合には、 在留期間の満了までの期間)である。
再入国の許可を申請しようとする外国人は、再入国許可申請書1通を地方入国管理局に出頭 して提出しなければならない。
再入国の許可は、旅券を所持する外国人にあっては、旅券に再入国許可の証印がなされる。
再入国許可の有効期間の延長の申請は、現に有している再入国許可の有効期間内に行わなければならない。
みなし再入国の許可を受けて出国した者が、当該許可の有効期間内に再入国することができないときは、日本国領事官等に当該許可の有効期間の延長の申請をすることができる。
再び入国する意図の表明は、入国審査官に再び入国する意図を有する旨を記載した「再入国出国記録」を提出することによって行う。
特別永住者の再入国許可の有効期間は6年である。
法務大臣が、本邦に在留する外国人の申請に基づき再入国の許可を与える場合、当該許可はすべて数次再入国の許可が与えられる。
error:
タイトルとURLをコピーしました