運送約款 国内航空運送約款「責任」

責任
航空会社の責任
1.旅客の死亡又は負傷その他の身体の障害の場合に発生する損害について、その損害の原因となった事故又は事件が航空機内で生じ又は乗降のための作業中に生じたとき賠償する。(会社及び使用人が、その損害を防止するため必要な措置をとったこと又はその措置をとることができなかったことを証明したときは、賠償しない)
2.受託手荷物その他の会社が保管を受託した旅客の物の破壊、滅失、紛失又は毀損の場合に発生する損害については、その損害の原因となった事故又は事件が、その手荷物又は物が会社の管理下にあった期間に生じたものであるときは賠償する。(会社及び使用人が、その損害を防止するため必要な措置をとったこと又はその措置をとることができなかったことを証明したときは、賠償しない)
3.持込手荷物その他の旅客が携行し又は装着する物の破壊、滅失、紛失又は毀損の場合に発生する損害については、会社又はその使用人に過失があったことを証明された場合にのみ賠償する。
4.法令及び官公署の要求、航空保安上の要求(テロ、ハイジャック)、悪天候、不可抗力、争議行為、騒擾、動乱、戦争、その他のいずれかに生じたやむを得ぬ事由により、必要な措置をとったことにより生じた損害については、上記1.2.3により会社が責任を負う場合を除き、賠償責任を負わない。
航空会社の責任限度
1.手荷物
旅客1名につき15万円が限度従価料金を支払った場合は、その申告額を限度とする
2.受託手荷物の受取
・旅客の受託手荷物は、搭載量やその他やむを得ない事由により、旅客が登場してる機体以外で運送されることがある。
・到着地での受託手荷物の受取は、個人の責任のもとに手荷物合荷を照合して受取らなければならない。
※受託手荷物の引渡しを行う場合には、手荷物合符の持参人が、当該手荷物の正当な受取人であるか否かを確かめなかったことにより生ずる損害に対し、賠償責任を負わない。(航空会社は手荷物合符の確認をしないので、そのことによって旅客が他人の手荷物を受取ったなどのトラブルが起こっても、会社は責任を負わない)
・手荷物到着後、7日間を経過しても引き取りがない場合、航空会社は適宜処分することがある。
※処分による損害および費用は旅客の負担となる
相次運送(そうじうんそう)
違う航空会社(運送人)の便を乗り継ぐ場で、それが1冊の通しの航空券になっている場合に損害が発生した場合、原則、その損害が発生した区間を運送した航空会社(運送人)に対してのみ賠償を請求することができる。
例 羽田-Vancouver間をANA便、Vanouver-Toronto間をAirCanada便を通しの航空券で購入し、羽田-Vancouver間で損害が発生した場合、旅客はANAに対してのみ賠償を請求できる。
損害賠償の請求期間
1.破損の場合
JAL:受取日から7日以内に通知
ANA:受取日の翌日から7日以内に通知
※文書による通知
2.紛失の場合
JAL:受取るはずであった日から21日以内に通知
ANA:受取るはずであった日の翌日から21日以内に通知
※文書による通知

確認テスト 目次



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする