確認テスト 旅行業法「旅行業約款」




ランダムに5問ずつ出題されます。PLAY AGAIN を押していろんな問題にチャレンジしてみましょう。




旅行業法「旅行業約款」

登録行政庁が旅行業約款の認可をするときの基準として、旅行者の正当な利益を害してはならないことが定められている。
第2種及び第3種旅行業者が使用する旅行業約款は、その主たる営業所の所在地を管轄する都道府県知事が認可する。
旅行中の損害の補償に関する事項は、旅行業約款の記載事項である。
旅行業者は、現在認可を受けている旅行業約款について、契約の解除に関する事項を変更する場合、登録行政庁の認可が必要である。
保証社員である旅行業者がその旅行業約款に記載した旅行業協会の名称を変更することは、軽微な変更のため、登録行政庁の認可を受ける必要はない。

テキスト 目次

タイトルとURLをコピーしました