確認テスト 旅行業法「旅行業協会」




ランダムに5問ずつ出題されます。PLAY AGAIN を押していろんな問題にチャレンジしてみましょう。

旅行業法「旅行業協会」

旅行業協会は、旅行者から苦情のあった旅行業者に対し、立ち入り検査を実施し、苦情の事実が判明しした場合は、当該旅行業者の登録を取り消すことができる。
保証社員は、毎事業年度終了後において、その弁済業務保証金分担金の額が増加することとなったときは、事業年度終了日の翌日から100日以内に、増加分の弁済業務保証金分担金を旅行業協会に納付しなければならない。
旅行業協会は、所属する社員に対し、営業拡大のための経営指導及び旅行業務に関する指導を行わなければならない。
海外からの旅行需要を喚起するために行う各種イベントの開催は、旅行業協会が行う業務のひとつである。
保証社員の営業所の賃貸料等の旅行業務以外の取引に係る債権については、弁済業務保証金の還付の対象にはならない。

テキスト 目次