確認テスト 旅行業法「禁止行為」




ランダムに5問ずつ出題されます。PLAY AGAIN を押していろんな問題にチャレンジしてみましょう。

旅行業法「禁止行為」

禁止行為として、旅行業務に関し取引をする者に対し、その取引に関する重要な事項について、故意に事実を告げず、又は不実のことを告げる行為をしてはならない。
他の旅行業等のために名義を利用させる行為は、旅行業者等がしてはならない行為であるが、営業の貸渡しを行う場合は、事前に登録行政行に届け出なければならない。
旅行業者等は、旅行業務に関し取引をした者に対し、いかなる理由があっても、その取引によって生じた債権の履行を遅延する行為をしてはならない。
旅行業者は、いかなる場合もその営業所において掲示した旅行業務取扱料金を超えて収受してはならない。
旅行業者等が宿泊のサービスを提供する者と取引を行う際に、当該者が住宅宿泊事業法第3条1項の届出をした者であるかどうかの確認を怠る行為は、禁止行為に該当する。

テキスト 目次