確認テスト 旅行業法「受託契約」




ランダムに5問ずつ出題されます。PLAY AGAIN を押していろんな問題にチャレンジしてみましょう。

旅行業法「受託契約」

所属旅行業者が他の旅行業者と自らが受託旅行業者となる受託契約を締結すれば、旅行業者代理業者はいかなる場合も委託旅行業者を代理して企画旅行契約を締結することができる。
旅行業者は、他の旅行業者が実施する企画旅行について、当該他の旅行業者と受託契約を締結しようとするときは、当該他の旅行業者を所属旅行業者とする旅行業者代理業の登録を受けなければならない。
旅行業者は、旅行業者代理業の登録を受けなくても、他の旅行業者を代理して旅行者と募集型企画旅行を締結する受託旅行業者となることができる。
旅行業者代理業者は、所属旅行業者の承諾があった場合のみ、自ら他の旅行業者と受託契約を締結することができる。
旅行業者は、自らを受託旅行業者とする受託契約を複数の旅行業者と締結することができる。

テキスト 目次