確認テスト 旅行業法「標識」




ランダムに5問ずつ出題されます。PLAY AGAIN を押していろんな問題にチャレンジしてみましょう。

旅行業法「標識」

旅行業者は、標識の受託取扱企画旅行の欄に、取り扱っている企画旅行の企画者が明確となるように記載しなければならない。
旅行業者等は、営業所において、標識を公衆に見やすいように掲示または備え置かなければならない。
旅行業者代理業者は、その営業所において、所属旅行業者と同一様式の標識を、公衆に見やすいように掲示しなければならない。
旅行業者等の標識には、営業所において選任された旅行業務取扱管理者及び旅程管理業務を行う者のうち主任の者の氏名を記載しなければならない。
白色の標識を掲示している第1種旅行業者の営業所の業務範囲は、海外旅行および国内旅行である。

テキスト 目次