確認テスト 旅行業法「標識」




ランダムに5問ずつ出題されます。PLAY AGAIN を押していろんな問題にチャレンジしてみましょう。




旅行業法「標識」

標識の受託取扱企画旅行の欄には、受託契約を締結している者にあっては、取り扱っている企画旅行の商品名が明確となるように記載しなければならない。
標識には、旅行業者等が法人である場合においては、その代表者の氏名及び選任した旅行業務取扱管理者の氏名を記載しなければならない。
旅行業者代理業者は、標識に登録番号・氏名又は名称及び登録年月日並びに有効期限を記載しなければならない。
白色の標識を掲示している第1種旅行業者の営業所の業務範囲は、海外旅行および国内旅行である。
旅行業者等の標識には、当該旅行業者等が法人である場合にあっては、その代表者の氏名を記載しなければならない。

テキスト 目次

タイトルとURLをコピーしました