確認テスト 旅行業法「事業の廃止、業務の停止、登録の取消、業務改善命令、罰則」




ランダムに5問ずつ出題されます。PLAY AGAIN を押していろんな問題にチャレンジしてみましょう。

旅行業法「事業の廃止、業務の停止、登録の取消、業務改善命令、罰則」

登録行政庁は、旅行業者等が旅行業法若しくは旅行業法に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、1年以上の期間を定めて業務の全部もしくは一部の停止を命ずることができる。
旅行業者が死亡した場合、相続人が事業を引き継ぐごうとするときは、60日以内に引き継ぎに必要な申請をしなければならない。
登録行政庁は、旅行業者等に対し、旅行業務の取扱い料金又は企画旅行に関し旅行者から収受する対価を変更することを命ずることができる。
登録行政庁は、法人である旅行業者等の役員が禁固以上の刑に処せられることになった場合、その登録を取り消すことができる。
旅行業者等が、登録を受けてから1年以上事業を行っていない場合、登録行政庁は当該旅行業者等の登録を取り消すことができる。

テキスト 目次