旅行業法「旅行業協会」

過去問(改訂)
次の記述から、旅行業協会が適正かつ確実に実施しなければならない業務として、定められているもののみをすべて選んでいるものはどれか。
a. 旅行業務に関し社員である旅行業者又は当該旅行業者を所属旅行業者とする旅行業者代理業者と取引した旅行者に対し、その取引によって生じた債権に関し弁済する業務
b. 旅行業務に関する取引の公正の確保又は旅行業及び旅行業者代理業または旅行サービス手配業の健全な発達を図るための調査、研究及び広報
c. 旅行に関するサービスを提供する者に対する研修
d. 旅行業務の適切な運営を確保するための旅行業者等または旅行サービス手配業者に対する会計監査
ア a.b イ c.d ウ a.b.d エ a.b.c.d

選択肢c. 旅行に関するサービスを提供する者に対する研修

研修対象は「旅行業務に従事する者に対する研修」であるので、サービス提供者は対象外である。

選択肢d. 旅行業務の適切な運営を確保するための旅行業者等または旅行サービス手配業者に対する会計監査

旅行業協会には「強制権、裁定権はない(立ち入り調査、和解の強制、協会への加入命令等はできない)」。会計監査もそれにあたる。

正解:ア

詳しくは、旅行業法「旅行業協会」をご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。