旅行業法「旅行業者代理業者」

過去問
旅行業者代理業者に関すr次の記述から、誤っているもののみをすべて選んでいるものはどれか。
a. 旅行業者代理業者は、旅行業務に関し取引をしようとするときは、所属旅行業者の氏名又は名称に関しては、取引の相手方に明示する必要はない
b. 旅行業者代理業者は、所属旅行業者の承認がある場合であっても、所属旅行業者による受託契約に基づき企画旅行契約を締結する場合を除き、所属旅行業者以外の旅行業者のために旅行業務を取り扱うことはできない。
c. 旅行業者代理業者の登録は、当該旅行業者代理業者が所属旅行業者のために旅行業務を取り扱うことを内容とする契約が効力を失ったときに失効する。
d. 旅行業者代理業者が事業の廃止をするとき、事業廃止届を登録行政庁に提出するのは所属旅行業者のみである。
ア a.d イ b.c ウ a.b.d エ a.c.d

選択肢a. 旅行業者代理業者は、旅行業務に関し取引をしようとするときは、所属旅行業者の氏名又は名称に関しては、取引の相手方に明示する必要はない

所属旅行業者の氏名又は名称および旅行業者代理業者であることを明示する」。

選択肢d. 旅行業者代理業者が事業の廃止をするとき、事業廃止届を登録行政庁に提出するのは所属旅行業者のみである。

「事業開始・廃業の届出は自らが行う」。

正解:ア

詳しくは、旅行業法「旅行業者代理業者」をご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル中
レクタングル中
スポンサーリンク
レクタングル中