旅行業法「旅行業者代理業者」

過去問
旅行業者代理業者の旅行業務等に関する次の記述から、正しいもののみをすべて選んでいるものはどれか。
a. 旅行業者代理業者は、旅行業務に関し取引をしようとするときは、所属旅行業者の登録番号及び旅行業者代理業者である旨を取引の相手方に明示しなければならない。
b. 旅行業者代理業者は、その行う営業が旅行業であると誤認させ、又は所属旅行業者を誤認させるような表示、広告その他の行為をしてはならない。
c. 旅行業者代理業者は、受託旅行業者代理業者として委託旅行業者を代理して企画旅行(参加する旅行者の募集をすることにより実施するものに限る。)を締結する場合を除き、所属旅行業者以外の旅行業者以外の旅行業者のために旅行業務を取り扱ってはならない。
d. 所属旅行業者は、旅行業者代理業者が旅行業務につき旅行者に加えた損害を賠償する責任を負うが、当該所属旅行業者がその旅行業者代理業者への委託につき相当の注意さえすれば、その責任を逃れる。
ア a.b イ b.c ウ c.d エ a.b.d

選択肢a. 旅行業者代理業者は、旅行業務に関し取引をしようとするときは、所属旅行業者の登録番号及び旅行業者代理業者である旨を取引の相手方に明示しなければならない。

所属旅行業者の氏名又は名称および旅行業者代理業者であることを明示」であり、登録番号は含まれていない。

選択肢d. 所属旅行業者は、旅行業者代理業者が旅行業務につき旅行者に加えた損害を賠償する責任を負うが、当該所属旅行業者がその旅行業者代理業者への委託につき相当の注意さえすれば、その責任を逃れる。

「所属旅行業者が相当の注意をし、かつ損害の発生の防止に努めた場合は、責任を免除される 」ので、「相当の注意」だけでは足りない。

正解:イ

詳しくは、旅行業法「旅行業者代理業者」をご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。