旅行業法「受託契約」

過去問
受託契約に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
a. 第1種旅行業者は、第2種旅行業者の受託旅行業者になることができる。
b. 第3種旅行業者は、委託旅行業者になることができない
c. 委託旅行業者及び受託旅行業者は、受託契約において、委託旅行業者を代理して企画旅行契約を締結することができる受託旅行業者又はその受託旅行業者代理業者の営業所を定めておかなければならない。
d. 旅行業者は、複数の他の旅行業者と受託契約を締結することができる。

選択肢b. 第3種旅行業者は、委託旅行業者になることができない

種別に関係なく、企画旅行を実施していれば委託旅行業者になることができるので間違いです

正解:b

「所属旅行業者と旅行業者代理業者」、「委託旅行業者と受託旅行業者」の違いに注意しながら学習していきましょう。

詳しくは、旅行業法「受託契約」をご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。