旅行業法「禁止行為」

過去問
次の記述のうち、旅行業者等がしてはらならない行為(禁止行為等)に該当するものをすべて選びなさい。
a. 旅行者に対し、旅行地において特定のサービスの提供を受けることを強要する行為
b. その営業所において掲示した旅行業務の取扱いの料金を超えて料金を収受する行為
c. 営業の貸渡しの方法をもって、旅行業又は旅行業者代理業者を他人にその名において経営させる行為
d. 旅行業務に関し取引をする者に対し、その取引に関する重要な事項について、故意に事実を告げず、又は不実のことを告げる行為

正解:a.b.c.d

旅行業法「広告」の誇大広告と同様に、出題される選択肢は、感覚的に解答できる問題ばかりです。

近年ほぼ毎年出題されていますので、確実に得点しましょう。

詳しくは、旅行業法「禁止行為」をご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル中
レクタングル中
スポンサーリンク
レクタングル中
コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。