旅行業法「旅程管理」

過去問
企画旅行の円滑な実施のための措置に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
a. 旅行業者は、旅行に関する計画に定めるサービスの旅行者への確実な提供を確保するために、旅行の開始前必要な予約その他の措置を講じなければならない。
b. 旅行業者は、本邦外の旅行について、旅行に関する計画に定めるサービスの内容の変更を必要とする事由が生じた場合は、代替サービスの手配及び当該サービスの提供を受けるために必要な手続きの実施その他の措置を講じなければならない。
c. 参加する旅行者の募集をすることにより実施する企画旅行においては、旅行業者は旅程管理のための措置を講じなければならないが、旅行者からの依頼により旅行計画を作成し実施する企画旅行には当該措置は講じなくてもよい。
d. 旅程管理業務を行う者として法の規定に適合する者の指導による旅程管理業務に相当する実務の研修を受けた経験は、当該研修を受けた地域を目的地とする旅行に係る旅程管理業務に従事した経験とみなされる。

選択肢a. 旅行業者は、旅行に関する計画に定めるサービスの旅行者への確実な提供を確保するために、旅行の開始前必要な予約その他の措置を講じなければならない。

そのとおり。開始前に必要な予約その他の措置を講じなければならない。

選択肢b. 旅行業者は、本邦外の旅行について、旅行に関する計画に定めるサービスの内容の変更を必要とする事由が生じた場合は、代替サービスの手配及び当該サービスの提供を受けるために必要な手続きの実施その他の措置を講じなければならない。

そのとおり。本邦外の旅行に関しては、例外なく、措置を講じなければならない。

選択肢c. 参加する旅行者の募集をすることにより実施する企画旅行においては、旅行業者は旅程管理のための措置を講じなければならないが、旅行者からの依頼により旅行計画を作成し実施する企画旅行には当該措置は講じなくてもよい。

募集型・受注型に関係なく、企画旅行契約には旅程管理義務がある。

選択肢d. 旅程管理業務を行う者として法の規定に適合する者の指導による旅程管理業務に相当する実務の研修を受けた経験は、当該研修を受けた地域を目的地とする旅行に係る旅程管理業務に従事した経験とみなされる。

そのとおり。「法の規定に適合する者」とは、日本旅行業協会などの機関をいい、その機関の研修を受けた経験は、その研修を受けた地域での経験をみなされる。

正解:c

詳しくは、旅行業法「旅程管理」をご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル中
レクタングル中
スポンサーリンク
レクタングル中