旅行業法「登録」

過去問
旅行業の「新規登録及び更新登録の申請手続」に関する記述のうち、誤っているものはどれか。
ア. 業務の範囲が第1種旅行業務である旅行業の新規登録または更新登録の申請をしようとする者は、申請書を観光庁長官に提出しなければならない。
イ. 業務の範囲が第2種旅行業務である旅行業の新規登録または更新登録の申請をしようとする者は、申請書を主たる営業所の所在地を管轄する都道府県知事に提出しなければならない。
ウ. 業務の範囲が第3種旅行業務である旅行業の新規登録または更新登録の申請をしようとする者は、申請書を主たる営業所の所在地を管轄する都道府県知事に提出しなければならない。
エ. 業務の範囲が地域限定旅行業務である旅行業の新規登録または更新登録の申請をしようとする者は、申請書を観光庁長官に提出しなければならない。

選択肢エ. 業務の範囲が地域限定旅行業務である旅行業の新規登録または更新登録の申請をしようとする者は、申請書を観光庁長官に提出しなければならない。

地域限定旅行業者登録行政庁は、主たる営業所を管轄する都道府県知事です。

正解:エ

詳しくは、旅行業法「登録」をご参照ください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。