フェリー運賃

過去問(令和元年)
大人2人(自動車の運転者1人を含む)と、8歳の小学生と4歳の子供の計4人が、自動車1台(車長4m以上5m未満)でフェリーの2等寝台A(指定制)を4席利用して片道で乗船する場合、旅客が支払うべき運賃の総額で正しいものは次のうちどれか。
※海上運送法第9条第3項の規定に基づく標準運送約款によるものとする。
※旅客運賃(片道)は下記の通りとする。
2等寝台A 大人1人 7,500円、小児1人 3,750円
2等 大人1人 5,000円、小児1人 2,500円
※自動車航送運賃(片道)は、1台 25,000 円(車長4m以上5m未満)とする。
a.7,500円×1人+ 3,750円×1人+ 25,000円=36,250円 36,250円
b.7,500円×1人+(7,500円−5,000円)×1人+ 3,750円×1人+ 25,000円=38,750円 38,750円
c.7,500円×1人+ 3,750 円×2人+ 25,000円=40,000円 40,000円
d.7,500円×1人+(7,500円−5,000円)×1人+ 3,750円×人2+ 25,000円=42,500円 42,500円

この問題のポイントは、以下の2点です。

1.「フェリーの2等寝台A(指定制)を4席利用」している。

2.自動車の運転者1名分の2等船室(自由席)の運賃が含まれている。

2等寝台A(指定制)を利用しているので、4歳の子供も小児運賃が発生します。また、大人1人(運転手)は2等寝台A(指定制)と2等船室(自由席)の差額を支払わなければなりません。よって正解は、

d.7,500円×1人+(7,500円−5,000円)×1人+ 3,750円×人2+ 25,000円=42,500円

となります。

正解:d

詳しくは、フェリー標準運送約款「運賃及び料金、乗船券、払戻し、乗船変更」をご覧ください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。