小海線

日本で一番の高地を走るJR小海線

JR小海線は、山梨県の小淵沢駅から長野県の小諸までを結ぶ78.9kmの鉄道です。野辺山駅間と清里駅間の標高1375mがJR鉄道の最高地点で、八ヶ岳を臨み高原を走ることから「八ヶ岳高原線」の愛称で親しまれています。

清里駅とSL

プロ棋士で鉄道ファンの藤井聡太さんも友人とJR小海線の観光列車「HIGH RAIL 1375」に乗ったそうです。

その他にも、小海線の甲斐小泉駅前には「平山郁夫シルクロード美術館 」を始め多くのアトリエがあります。

個人的には、毎年極寒の2月に開催される「小海町氷上トライアスロン」に2回ほど参加していますが、この大会は過去に31回開催されている歴史のある大会です。残念ながら今年はコロナ禍の影響で中止となってしまいましたが、来年は開催されることを心から願っています。

スキー3km、ラン16km、スケート10km。ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。