確認テスト 旅行業約款「渡航手続代行契約 」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

渡航手続代行契約において、旅行業者の都合により契約を拒否する場合、あらかじめ旅行者へ拒否事由について説明しなければならない。
旅行業者が故意又は過失により旅行者に損害を与えたときは、その損害を賠償する。ただし、損害発生の日から起算して6ヶ月以内に旅行業者に対して通知があったときに限る。
渡航手続代行契約は、通信手段による申込みを受け付ける場合を除き、旅行業者が契約の締結を承諾し、申込金を受理した時に成立する。
旅行業者が渡航手続代行契約を締結する旅行者は、当該旅行業者と募集型企画旅行契約、受注型企画旅行契約又は手配旅行契約を締結した旅行者に限られる。
渡航手続代行契約は、通信手段による申込みを除き、旅行業者が契約の締結を承諾し、申込書を受理した時に成立する。
error:
タイトルとURLをコピーしました