確認テスト 旅行業約款「渡航手続代行契約 」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

旅行業者は、渡航手続代行契約の成立後速やかに、渡航手続代行契約により引き受けた代行業務(受託業務)の内容、渡航手続代行料金の額、その収受の方法、責任その他必要な事項を記載した書面を交付する。
渡航手続代行契約は、旅行者が旅行業者所定の申込書に所定の事項を記入の上、渡航手続代行料金、査証料等とともに旅行業者に提出しなければ成立しない。
渡航手続代行契約において、旅行業者の都合により契約を拒否する場合、あらかじめ旅行者へ拒否事由について説明しなければならない。
渡航手続代行契約は、旅行業者が契約の締結を承諾し、申込書を受理した時に契約が成立する。
旅行業者が渡航手続代行契約を締結する旅行者は、当該旅行業者と募集型企画旅行契約、受注型企画旅行契約又は手配旅行契約を締結した旅行者に限られる。
渡航手続代行契約は、電話、郵便、ファクシミリその他の通信手段による申込みを受け付ける場合を除き、旅行業者が申込金を受理した時に成立する。
渡航手続代行契約において、旅行者が所定の期日までに渡航手続書類等を提出しないとき、旅行業者は契約の解除をすることができる。
渡航手続代行契約は、通信手段による申込みを除き、旅行業者が契約の締結を承諾し、申込書を受理した時に成立する。
旅行業者は、あらかじめ旅行者の承諾を得て、書面の交付に代わりに、情報通信の技術を利用する方法により書面に記載すべき事項を提供したときは、旅行者がその内容を保存または閲覧したことを確認しなければならない。
旅行者はいつでも渡航手続代行契約の全部または一部の解除ができる。
error:
タイトルとURLをコピーしました