確認テスト 旅行業約款「手配旅行契約」




ランダムに5問ずつ出題されます。PLAY AGAIN を押していろんな問題にチャレンジしてみましょう。

旅行業約款「手配旅行契約」

手配旅行契約の旅行代金は、運送・宿泊機関等に対して支払う費用(実費)に旅行業務取扱料金を合わせた金額をいい、変更手続料金と取消手続料金は含まれない。
手配旅行契約において、年齢、性別、資格など、旅行業者があらかじめ明示した条件を満たしていないときは、旅行業者は契約を拒否することができる。
旅行業者が旅行者から依頼のあった宿泊機関の手配を善良な管理者の注意をもって行ったときは、満員のため当該宿泊機関との間で宿泊サービスの提供をする契約を締結できなかった場合であっても、旅行者は、旅行業者に対し、所定の旅行業務取扱料金を支払わなければならない。
旅行業者は、旅行開始前において、為替相場の変動により旅行代金の変動を生じた場合は、当該旅行代金を変更することがある。この場合において、旅行代金の増加は旅行者に、減少は旅行業者に帰属する。
手配旅行契約とは、旅行業者が旅行者の委託により、旅行者のために代理、媒介又は取次をすることにより旅行サービスの提供を受けることができるように手配し、旅程を管理する契約をいう。

目次