確認テスト JR旅客営業規則




ランダムに5問ずつ出題されます。PLAY AGAIN を押していろんな問題にチャレンジしてみましょう。

JR旅客営業規則

旅客が車内に携帯できる荷物は、タテ・ヨコ・高さの合計が250㎝(長さは2mまで)以内、重さが30キロ以内のものを2個までである。
JRは、団体の予約に際し、団体旅客運賃の2割相当額の補償金を収受する。
旅客鉄道会社は、訪日観光団体に対しては、団体旅客が31人以上50人までのときは1人、51人以上のときは50人ごとに1人を加えた人員を無賃扱人員として旅客運賃を収受しない。
B小口団体とは、31人以上で構成された団体をいう。
大人の普通回数乗車券1枚で小児2人が利用することができる。

目次